FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮世の画家 読んだ。

浮世の画家
カズオ・イシグロ著  飛田茂雄 訳  中央公論社

私の最も好きな作家の一人、カズオ・イシグロの2作目の作品。

デビュー作の「遠い山なみの光」から新人と思えない小説技巧で
登場人物が各々、好き勝手に喋る会話の自然さや子供の行動の
描写の巧さ、物語の構成などあらゆる点で驚かされました。

今回の「浮世の画家」は2作目にして、ブッカー賞の最終候補に
残ったそうで、全体の構成、テーマ等、3作目の「日の名残り」
に共通していて作品としては日本とイギリスという舞台設定の違い
主人公の職業を除けば兄弟のようです。

主人公の主観と周囲の話しが、ことごとく食い違っていて、この爺さん
ボケてるのか?という解釈も出来そうです。かつての栄光を回想する
場面が沢山でてきますが、現実はとても孤独で彼の回想をどこまで信用
していいのか分からなくなります。

ただ、終わり方の見事さは「日の名残り」が勝っているように感じ
ました。

そう言えば、今年出版された最新作「忘れられた巨人」は惹きつけ
られて一気に読んだものの難解で、アーサー王やドラゴン退治という
ような児童書的な、とっつき易いモチーフとは異なり、「これはどういう
意味だ?」という箇所が所々あって、暇な時にもう一回この作品と
とっ組みあう必要を感じました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴパール

Author:ゴパール
池田 剛 
関西を中心に活動している、
バーンスリー奏者です。
 
HP

イベントのお知らせ

●京都

第17回「悲願会(ひがんえ)」


■2019年5月5日(日・祝)
■13時50分~14時30分

■会場 法然院HP

■参加費:志納(東北の被災者支援をされている団体に寄付されます。)

■出演
池田剛(バーンスリー)
藤澤ばやん(タブラ)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。