FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見知らぬ場所  読んだ。

見知らぬ場所 (新潮クレスト・ブックス)見知らぬ場所 (新潮クレスト・ブックス)
(2008/08)
ジュンパ ラヒリ

商品詳細を見る


著者のジュンパ・ラヒリ氏はインド人でありながらアメリカで育った
いわゆる移民系インド人2世です。

ラヒリ氏に関しては個人的に複雑な思いがあって、それは彼女の
2作目の長編小説「その名にちなんで」の魅力がまったく分からなかった
ことで、一度読み始めた小説を途中で投げ出したのはドストエフスキーの
「悪霊」以来でした。

移民インド人2世たちの、インドというルーツを失くした独特の感覚に
なんとなく違和感を感じて、これまで敬遠してきました。

しかし今回、「見知らぬ場所」という短編集を読んで考えが一変しました。

ちょっと無いです、このクオリティーは!
それぞれの短編が独特の情感を持っていて、どの作品も読後になんとも
言えない余韻が残ります。

最後の作品は135ページの中編で、へーマとカウシクという男女の視点を交互に
移してへーマの少女期、カウシクの青年期、それぞれの壮年期の3点だけを書いて、
彼らの人生を立体的に描くという手法が用いられていますが、最近の英語文学によく
みられる手法です。流行なのでしょうか?

中編の「へーマとカウシク」だけは、なにかの賞を取りにいった意図が見えるような
気がして、若干の臭みを感じてしまいました。(時事ネタを織り交ぜたりして…)





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴパール

Author:ゴパール
池田 剛 
関西を中心に活動している、
バーンスリー奏者です。
 
HP

イベントのお知らせ

●京都

第17回「悲願会(ひがんえ)」


■2019年5月5日(日・祝)
■13時50分~14時30分

■会場 法然院HP

■参加費:志納(東北の被災者支援をされている団体に寄付されます。)

■出演
池田剛(バーンスリー)
藤澤ばやん(タブラ)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。