FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喪失の響き  読んだ。



喪失の響き (ハヤカワepiブック・プラネット)喪失の響き (ハヤカワepiブック・プラネット)
(2008/03/26)
キラン・デサイ

商品詳細を見る


インドの女流作家キラン・デサイ氏(1971年生まれ)は
14歳までインドで過ごし、その後は母親で有名な作家
であるアニタ・デサイ氏と共にアメリカに渡っています。

デビュー作の「グアヴァ園は大騒ぎ」を読んだ時にも
感じた事ですが、まず第一に情景の描写力が非凡です。

文章で情景描写をする時は、ほのめかす程度でやりすぎ
ない方が良いというのが私の持論ですが、天才であれば
話は別ですね。

あと、世の中を独特の感性で捉え、あらゆる行き違いや
争い、紛争を小説の中に組み込んでいます。「グアバ園…」
ではそれをコミカルに表現していましたが「喪失の響き」では
かなりシリアスに世界中の不平等、不公平を描いています。

作中でV.S.ナイポール氏を批判する場面があったりして、
世界の不公平や悲しみを表現するにあたって、そうとうの
自負心のようなものが感じられます。
(ナイポール氏の隠居爺さん的な物の見方が我慢ならない
のでしょう…)

まあ、ブッカー受賞作というのは納得できる内容です。
終わり方が素晴らしく良かった!でも、誤字脱字が多
すぎて気になりました。

こちらはデビュー作。
グアヴァ園は大騒ぎ (新潮クレスト・ブックス)グアヴァ園は大騒ぎ (新潮クレスト・ブックス)
(1999/09)
キラン デサイ

商品詳細を見る










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴパール

Author:ゴパール
池田 剛 
関西を中心に活動している、
バーンスリー奏者です。
 
HP

イベントのお知らせ

●大阪

Rasa
北インド古典音楽ライブ


■2018年12月1日(土)
■14時30分開場 
■15時00分開演

■会場 堺市立東文化会館 3階 フラットホールHP
(南海高野線『北野田』駅下車西出口すぐ)

■料金 前売り1,000円
    当日1,500円
   (全席自由) 
※未就学児入場不可
※公演日の前日まで前売料金でお求め頂けます。

■出演
池田剛(バーンスリー)
野口昌彦(シタール)
秦進一(バイオリン)
藤澤ばやん(タブラ)
上坂朋也(タブラ)

■電話予約 
(公財)堺市文化振興財団 
072-228-0055
(平日 9:00ー17:30)

■主催・お問合せ
堺市立東文化会館 
電話・072-230-0134
(平日 9:00ー17:30)

■協賛 エア インディア
■後援 在大阪・神戸インド総領事館






●京都

第16回
「悲願会(ひがんえ)」

■2018年11月24日(土)
■13:50〜14:40
■会場:法然院HP

■参加費:志納(東北の被災者支援をされている団体に寄付されます。)

■出演
池田剛(バーンスリー)
藤澤ばやん(タブラ)


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。