スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギータ・ゴーヴィンダ 読んだ。 その2


前回にも説明しましたとおり、ギータ・ゴーヴィンダは
12世紀に書かれたサンスクリット語の聖典です。

日本の平安末期にあたるのでしょうか?平清盛とか
源平合戦とかやってたあたりでしょうね。

その内容を説明しますと、簡単に言えばクリシュナと
ラーダーの恋愛小説です。クリシュナに対するラーダー
の9つの感情が主題となっています。

こう書くと凄く古典文学っぽいですが、実際はかなり
過激でロマンチック満開な表現で全体が構成されて
います。

しかし、だからと言って退廃的なムードは全然感じられず
むしろ大自然の美しさや、おおらかさが感じられて、人生を
謳歌する牛飼いの娘たちの生命力が匂ってくるようです。

これがインド各地の寺院で歌われ、また舞踊として演じられ
てきたそうですが、僧侶の修行の妨げになるのでは?と無用
な心配してしまいます…


24の歌 それぞれのラーガとターラをメモしておきます。

第1の歌  ラーガ  マーラヴァガウダ(聞いたことない)    
       ターラ  ルーパカ(北インドでは7拍子 南では6拍子)

第2の歌  ラーガ  グルジャリー (グルジャリー・トーディーはよく演奏される。同じ?)
       ターラ   ニフサラ  (聞いたことない)

第3の歌  ラーガ   ヴァサンタ (春のラーガとして有名)
       ターラ   ヤティ   (聞いたことない)

第4の歌  ラーガ   ラーマカリー(今もある)
       ターラ   ヤティ

第5の歌   ラーガ   グルジャリー
        ターラ   ヤティ

第6の歌   ラーガ   マーラヴァガウダ
        ターラ    エーカターリー (12拍子)

第7の歌   ラーガ   グルジャーリー
        ターラ    ヤティ

第8の歌   ラーガ    カルナータ (聞いたことない)
        ターラ    エーカターリー

第9の歌   ラーガ     デーシャーキャ (聞いたことない)
        ターラ     エーカターリー

第10の歌   ラーガ    デーシーヴァラーディー (聞いたことない)
         ターラ     エーカターリー

第11の歌   ラーガ    グルジャーリー
         ターラ     エーカターリー

第12の歌   ラーガ     グナカーリー  (今もある)
         ターラ     ルーパカ

第13の歌   ラーガ    マーラヴァ  (聞いたことない)
         ターラ      ヤティ

第14の歌    ラーガ    ヴァサンタ
          ターラ    ヤティ

第15の歌    ラーガ    グルジャリー
          ターラ    ヤティ

第16の歌    ラーガ    デーシャヴァラーディー
          ターラ    ルーパカ

第17の歌    ラーガ    バイラヴィー (今も人気)
          ターラ    ヤティ

第18の歌    ラーガ    グルジャリー
          ターラ    ヤティ

第19の歌    ラーガ    ダシャヴァラーディー
          ターラ    アシュタターリー (8拍子?)

第20の歌    ラーガ    ヴァサンタ
          ターラ    ヤティ

第21の歌    ラーガ    ヴァラーディー
          ターラ    ルーパカ

第22の歌    ラーガ    ヴァラーディー
          ターラ    ヤティ

第23の歌    ラーガ    ヴィバーサ  (今もある)
          ターラ    エーカターリー

第24の歌    ラーガ    ラーマカリー
          ターラ    ヤティ                 
 
 

 








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴパール

Author:ゴパール
池田 剛 
関西を中心に活動している、
バーンスリー奏者です。
 
HP

イベントのお知らせ

●大阪

北インド古典音楽
■2018年8月19日(日)
■17時開場 
■17時半開演

■会場 ODC インドまるごと総合学校HP
■料金 2,000円 
■出演
池田剛(バーンスリー)
上坂朋也(タブラ)
鈴木なお(ドゥルパド)
中川だいむ(パカワジ)





●大津

RAGA
北インド古典音楽

■日時 2018年9月29日(土)
■開場 13時30分 
■開演 14時00分
■会場 大津市伝統芸能会館 能楽ホールHP
(京阪電鉄石坂線「別所」下車徒歩五分 京阪電鉄石坂線「三井寺」下車徒歩十分 JR「大津京」下車徒歩20分)

■料金(全席自由) 
前売り 2,300円
当日 2,500円
友の会前売り 2,100円
小学生以下無料(但し、有料入場者お一人につき一名様に限ります)
チケット購入後の払い戻しはできません。
■出演 池田剛(バーンスリー)
野口昌彦(シタール)
上坂朋也(タブラ)

■チケット販売・お問合せ 
大津市伝統芸能会館 TEL 077-527-5236
堅田駅前観光案内所 TEL 077-573-1000
奏美ホール TEL 077-524-2334
草津クレアホール(南草津)TEL 077-564-5815
キタダレコード(守山)TEL 077-582-3251
■主催 大津市伝統芸能会館
■指定管理者 大津PAC&KLPグループ(株)ピーエーシーウエスト
■協賛 エアインディア 
■後援 在大阪・神戸インド総領事館
■制作協力 KHAZANA.JP

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。