FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギータ・ゴーヴィンダ 読んだ。 その2


前回にも説明しましたとおり、ギータ・ゴーヴィンダは
12世紀に書かれたサンスクリット語の聖典です。

日本の平安末期にあたるのでしょうか?平清盛とか
源平合戦とかやってたあたりでしょうね。

その内容を説明しますと、簡単に言えばクリシュナと
ラーダーの恋愛小説です。クリシュナに対するラーダー
の9つの感情が主題となっています。

こう書くと凄く古典文学っぽいですが、実際はかなり
過激でロマンチック満開な表現で全体が構成されて
います。

しかし、だからと言って退廃的なムードは全然感じられず
むしろ大自然の美しさや、おおらかさが感じられて、人生を
謳歌する牛飼いの娘たちの生命力が匂ってくるようです。

これがインド各地の寺院で歌われ、また舞踊として演じられ
てきたそうですが、僧侶の修行の妨げになるのでは?と無用
な心配してしまいます…


24の歌 それぞれのラーガとターラをメモしておきます。

第1の歌  ラーガ  マーラヴァガウダ(聞いたことない)    
       ターラ  ルーパカ(北インドでは7拍子 南では6拍子)

第2の歌  ラーガ  グルジャリー (グルジャリー・トーディーはよく演奏される。同じ?)
       ターラ   ニフサラ  (聞いたことない)

第3の歌  ラーガ   ヴァサンタ (春のラーガとして有名)
       ターラ   ヤティ   (聞いたことない)

第4の歌  ラーガ   ラーマカリー(今もある)
       ターラ   ヤティ

第5の歌   ラーガ   グルジャリー
        ターラ   ヤティ

第6の歌   ラーガ   マーラヴァガウダ
        ターラ    エーカターリー (12拍子)

第7の歌   ラーガ   グルジャーリー
        ターラ    ヤティ

第8の歌   ラーガ    カルナータ (聞いたことない)
        ターラ    エーカターリー

第9の歌   ラーガ     デーシャーキャ (聞いたことない)
        ターラ     エーカターリー

第10の歌   ラーガ    デーシーヴァラーディー (聞いたことない)
         ターラ     エーカターリー

第11の歌   ラーガ    グルジャーリー
         ターラ     エーカターリー

第12の歌   ラーガ     グナカーリー  (今もある)
         ターラ     ルーパカ

第13の歌   ラーガ    マーラヴァ  (聞いたことない)
         ターラ      ヤティ

第14の歌    ラーガ    ヴァサンタ
          ターラ    ヤティ

第15の歌    ラーガ    グルジャリー
          ターラ    ヤティ

第16の歌    ラーガ    デーシャヴァラーディー
          ターラ    ルーパカ

第17の歌    ラーガ    バイラヴィー (今も人気)
          ターラ    ヤティ

第18の歌    ラーガ    グルジャリー
          ターラ    ヤティ

第19の歌    ラーガ    ダシャヴァラーディー
          ターラ    アシュタターリー (8拍子?)

第20の歌    ラーガ    ヴァサンタ
          ターラ    ヤティ

第21の歌    ラーガ    ヴァラーディー
          ターラ    ルーパカ

第22の歌    ラーガ    ヴァラーディー
          ターラ    ヤティ

第23の歌    ラーガ    ヴィバーサ  (今もある)
          ターラ    エーカターリー

第24の歌    ラーガ    ラーマカリー
          ターラ    ヤティ                 
 
 

 








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴパール

Author:ゴパール
池田 剛 
関西を中心に活動している、
バーンスリー奏者です。
 
HP

イベントのお知らせ

●大阪

Rasa
北インド古典音楽ライブ


■2018年12月1日(土)
■14時30分開場 
■15時00分開演

■会場 堺市立東文化会館 3階 フラットホールHP
(南海高野線『北野田』駅下車西出口すぐ)

■料金 前売り1,000円
    当日1,500円
   (全席自由) 
※未就学児入場不可
※公演日の前日まで前売料金でお求め頂けます。

■出演
池田剛(バーンスリー)
野口昌彦(シタール)
秦進一(バイオリン)
藤澤ばやん(タブラ)
上坂朋也(タブラ)

■電話予約 
(公財)堺市文化振興財団 
072-228-0055
(平日 9:00ー17:30)

■主催・お問合せ
堺市立東文化会館 
電話・072-230-0134
(平日 9:00ー17:30)

■協賛 エア インディア
■後援 在大阪・神戸インド総領事館






●京都

第16回
「悲願会(ひがんえ)」

■2018年11月24日(土)
■13:50〜14:40
■会場:法然院HP

■参加費:志納(東北の被災者支援をされている団体に寄付されます。)

■出演
池田剛(バーンスリー)
藤澤ばやん(タブラ)


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。