FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねじまき鳥クロニクル 読んだ


たまには、流行作家の本を読みたくなる時があります。

今年に入ってからでも、田口ランディ氏の「コンセント」
や筒井康隆氏の「怪奇畳男」等、なかなか面白いと思える
小説に出会ったものの推薦するまでもないなと流してきました。

けれど、今回読んだ「ねじまき鳥」はかなり楽しめました。

村上氏の作品は、ノルウェーの森、スプートニク、海辺のカフカ
、1984など何作か読んできました。

これまでは、「オッサンの妄想が入ったライトノべル」という
印象が強く、よく出来ていることは確かだけど、読者の注意
を惹きつけるための伏線をばらまいて、そのほとんどを捨てる
点や語彙の選択が英訳される事を前提になされているような
気がして少しイヤでした。

ねじまき鳥は、1Q84との共通点(登場人物とか)もあって
全体の雰囲気がちょっと似ています。

物語の伏線を捨てる割合が他の作品に比べると少なかった
のも良かったかも…。一気に読んでしまった!


ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)
(1997/09/30)
村上 春樹

商品詳細を見る




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴパール

Author:ゴパール
池田 剛 
関西を中心に活動している、
バーンスリー奏者です。
 
HP

イベントのお知らせ

●京都

第17回「悲願会(ひがんえ)」


■2019年5月5日(日・祝)
■13時50分~14時30分

■会場 法然院HP

■参加費:志納(東北の被災者支援をされている団体に寄付されます。)

■出演
池田剛(バーンスリー)
藤澤ばやん(タブラ)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。