スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

推薦インド本 ベスト5

インド音楽を私たち日本人が勉強するにあたって
一つの考え方として、インドに住みつきインド人と
同じものを食べながらインド的感覚を身につける!
という方法があります。

一方、私などの場合まず環境がそれを許しませんし、
色んな諸事情を考慮しても中々難しい…

では、どうしたら良いのだろうと思い悩んだ結果、
インド人が書いた物語、小説などを大量に読んで
脳内をインド化してしまおう!という結論に達しました。

ここ数年で、かなりのインド関連書籍を読んだので、
その中から自信をもってお薦めできる5冊を紹介したい
と思います。

1位 歓喜の街 カルカッタ  
ドミニク・ラピエール著  長谷川泰 訳  河出文庫

著者のドミニク・ラピエール氏はフランスのノンフィクション
作家で、他にも「ボーパール午前零時五分」等のインド
関連の著作があります。

カルカッタのスラムの様子を、白人宣教師の視点とインド
の人力車夫の視点から描いていて、インドの問題点だけ
では無く、必死に生き抜こうとする人間の気高さや美しさ
残酷さがギッシリ詰まっていて圧倒的!な作品。

2位 ガラスの宮殿
アミタヴ・ゴーシュ著 小沢自然・小野正嗣訳 新潮クレストブックス

1885年~20世紀末、ビルマ インドを舞台とした壮大な
叙事詩。小説として最高に良く出来ています。ただ、アウンサン
スーチー女史を美化しているとも捉えられかねない、過度な
称賛があって、もしかしてノーベル賞を狙ったのか?と妙な勘ぐり
をしてしまいました。

これが無ければ100点だったのに!

3位 大地のうた
ビブティブション・ボンドバッダエ 著  林良久 訳  新宿書房

超有名なインド映画の原作本。
映画より小説のほうが100倍面白い!!

現代ベンガル文学の精髄。
本当に、本当に素晴らしいです。

4位 ぼくの村が消える
アニタ・デサイ著 岡本浜江 訳  

児童書として出版されています。
大人が読んでも充分面白いですし、大人こそ読むべき
でしょう。なにか大切なものを思い出しそうになりました。
胸締め付けられる一冊。


5位 マイトレイ
ミルチャ・エリアーデ著  住谷春也訳  

著名な宗教学者エリアーデ氏による熱烈な恋愛小説。

インド独立以前の白人青年とインド人少女の恋を描いて
います。恋ってなんだっけ~?というオッサンの枯れた心に
忘れていた何かを思い起こさせる、胸焦がす一冊。



スポンサーサイト
プロフィール

ゴパール

Author:ゴパール
池田 剛 
関西を中心に活動している、
バーンスリー奏者です。
 
HP

イベントのお知らせ

●滋賀

RAGA
2017年日印友好流年記念事業
北インド古典音楽

■日時 2017年9月16日(土)
■開場 13時30分 
■開演 14時00分

■会場 大津市伝統芸能会館 能楽ホールHP

(京阪電鉄石坂線「別所」下車徒歩五分 
京阪電鉄石坂線「三井寺」下車徒歩十分 
JR「大津京」下車徒歩20分)


■料金(全席自由) 
前売り 2,300円
当日 2,800円
友の会前売り 2,100円

■出演
池田剛(バーンスリー)
石濱匡雄(シタール)
上坂朋也(タブラ)

■チケット販売
大津市伝統芸能会館
 TEL 077-527-5236
大津市民会館
 TEL 077-525-1234
堅田駅前観光案内所
 TEL 077-573-1000

■主催 大津市伝統芸能会館
■指定管理者 大津PAC&KLPグループ
(株)ピーエーシーウエスト
■協賛 エアインディア 
■後援 在大阪・神戸インド総領事館
■制作協力 KHAZANA.JP

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。