スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地のうた 読んだ。


大地のうた大地のうた
(2008/02)
ビブティブション ボンドパッダエ

商品詳細を見る


言わずと知れたサタジット・レイ監督の名作「大地のうた」の原作。

映画のほうはカンヌ金獅子賞受賞、音楽はシタールの巨匠ラヴィ・
シャンカールが担当するなど初期インド映画を代表する不朽の名作
としてよく知られています。

が、私の場合、映画の良さがあまり理解出来ない野暮天野郎なので

「ふ~ん。こんなものか。ラヴィ・シャンカールも、もう少し気の利いた
音楽が付けられなかったのか?当時はまだ新人さんだったはずだし
きっとお兄さんのウダイ・シャンカールのコネで仕事もらったんだろう?」

などと、無礼な感想を持っていました。

が、しかし今回、ビブティブション氏のこの原作の小説を読んで、完全に
本当に完全に圧倒されました。

ベンガルの自然の美しさと荒々しさ、人間の善意と残酷さ、田舎の生活の
窮屈さと牧歌的なのどかさ。、
姉ドゥルガとの姉弟喧嘩の自然さ、母親の愛情と生活の苦しさ、主人公の
少年オプーの内面の描写の巧みさによって、こういったベンガル地方の日常
が肌で感じられるようです。

特に印象的だったのは、オプー少年が父親と一緒に金持ちの家を訪問した際に
トランプのカードひとそろえを貰ってくる場面があるのですが、家に帰ってから
母、姉と3人で夜、縁側にすわってルールが確かでないままにトランプで遊ぶ
くだりが、なんとも言葉にできない情感を醸し出していました。

このような上質な文学に触れると、そりゃあ映画化したくなる気持ちも理解できます。

映画をみる場合でも、まず原作を先に読むことをお薦めします。

あと、余談ながら映画音楽はシタールよりもバーンスリーが良かったんじゃない?







スポンサーサイト
プロフィール

ゴパール

Author:ゴパール
池田 剛 
関西を中心に活動している、
バーンスリー奏者です。
 
HP

イベントのお知らせ

●滋賀

RAGA
2017年日印友好流年記念事業
北インド古典音楽

■日時 2017年9月16日(土)
■開場 13時30分 
■開演 14時00分

■会場 大津市伝統芸能会館 能楽ホールHP

(京阪電鉄石坂線「別所」下車徒歩五分 
京阪電鉄石坂線「三井寺」下車徒歩十分 
JR「大津京」下車徒歩20分)


■料金(全席自由) 
前売り 2,300円
当日 2,800円
友の会前売り 2,100円

■出演
池田剛(バーンスリー)
石濱匡雄(シタール)
上坂朋也(タブラ)

■チケット販売
大津市伝統芸能会館
 TEL 077-527-5236
大津市民会館
 TEL 077-525-1234
堅田駅前観光案内所
 TEL 077-573-1000

■主催 大津市伝統芸能会館
■指定管理者 大津PAC&KLPグループ
(株)ピーエーシーウエスト
■協賛 エアインディア 
■後援 在大阪・神戸インド総領事館
■制作協力 KHAZANA.JP

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。