スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒し系ラーガ

Raga Jhinjhoti

毎週木曜、金曜は二日続けて10時間ちかく
働くので疲れます。

こんな時はラーガ・ジーンジョーティーを
聴きたいです、心も体も弛緩します。


Jhinjhoti 歌 ←YouTubeへ
jhinjhoti pooja goswami



Jhinjhoti シタール ←YouTubeへ
jhinjhoti shujaat



Jhinjhoti バーンスリー&サントゥール ←YouTubeへ
jhinjhoti hariji shivji


スポンサーサイト

コントラスト・その2

今週の火曜、水曜は久々に休んだ。

早朝の瓦版配りだけは、いつも通り
だったもののリハーサルも他の用事
も無く、本を読んで目が疲れると寝る
という理想な休日だった。

過酷なスケジュールと労働の後に休息
の有難さがより感じられるように、人生
においてもコントラストというのは重要
な要素であります。

そこで、インド音楽にもこれを適用して
みようと思う。

始めに、生きる事に対する渇望と希望に
満ちた、若い女性の歌を先に聴いて、しかる
後にマールワというラーガを聴いてみる。

すると、マールワの持つ諸行無常の感が
一層増して、サットワとラジャスとタマス
を超越した境地、即ち彼岸とか涅槃に至る
ことが出来るでしょう。


Taylor Swifut ←YouTubeへ
taylor



Raga Marwa ←YouTubeへ
marwa



コントラスト


芸術において、最も重要な事って何だろう?
と自分の誕生日を迎えて考えてみた。

勿論それはメッセージを発信する事では、
あり得ないし、ましてお金に還元する事
でもない。

僕の考えでは、「芸術は無意味である事が
最大の意義である」という事になる。

もしも、言語化できる事柄であれば音楽
は必要ないし、物語ではなく論文を書くか
街頭で演説をすれば良い。

ただ、絵画にしろ音楽にしろ文学にしても
重要な譲れない一点がある。

それは、鑑賞者、読者、お客様の注意を
ひきつける事。

その為に様々な技術が編み出されてきた。

なかでも古今東西を問わず、最も有効な
手段の一つにコントラスト(対比)がある。

強弱、速度、音程、音型、様々なコントラスト。

インド音楽をより理解する為に、先にへヴィメタ
を聴くというコントラストは如何でしょう?


へヴィメタ ←YouTubeへ
pantera.jpg



インド音楽 ←YouTubeへ
hari.jpg


秋になったらマール・ビハーグ

Raga Maru Bihag

私は九州出身ですが、だいたいにおいて
九州の人間はこだわりが少なくあっさり
していると言われるし、僕も若い時分は
その通りだったような気がします。

しかし、人生における様々な苦労を味わう
、辛酸をなめる、瓦版配りの最中に猪から
全力疾走で逃げる等の経験を経て、すっかり
中身が変容してしまいました。

率直に言うと、偏屈さが増してきて、なにより
しつこい人間になってきました。

その結果、マール・ビハーグが気になりだすと
しばらく、そればっかりになってしまいます。

よかったら、お付き合い下さい。

Rahul Deshpande ←YouTubeへ
maru rahul



Sahid Parvez ←YouTubeへ
maru shahid



Sultan Khan ←YouTubeへ
maru sultan

秋の夜長にマール・ビハーグ

Raga Maru Bihag

秋のラーガといえば、へマントという
定番のネタがありますが、私の意見では
秋の夕暮~宵の口はやっぱりマール・ビハーグ
で決まりでしょう!という事になります。
(マール・ビハーグが秋のラーガということ
では無く、雰囲気がなんとなく秋っぽい)


夕暮れ~宵の時間帯ばかりで無く、夜が
更けてからも、網戸から肌寒いくらいの
風を入れて虫の声を聴きながら、酒好きの
人はぬる燗の日本酒を飲みながら、甘党の
人は、おはぎを食べながら聴くというのも
風情があってよいでしょう。


Vasantrao deshpande ←YouTubeへ
maru vasantrao




Ashwini bhide deshpande ←YouTubeへ
maru ashwini
プロフィール

ゴパール

Author:ゴパール
池田 剛 
関西を中心に活動している、
バーンスリー奏者です。
 
HP

イベントのお知らせ

●大阪

RASA
北インド古典音楽
&南インド古典舞踊 ライブ

■日時 2017年11月5日(日)
■開場 14時30分  
■開演 15時00分

■会場 堺市立東文化会館 3階 フラットホール 

(南海高野線『北野田』駅下車西出口すぐ)

■料金(全席自由) 
前売り1,000円
当日1,500円
※未就学児入場不可 
※公演日の前日まで前売料金でお求め頂けます。

■電話予約 (公財)堺市文化振興財団 
072-228-0055
(土日祝日除く9:00~17:30)

■出演
池田剛(バーンスリー)
野口昌彦(シタール)
上坂朋也(タブラ)
モガリ真奈美(バラタナティヤム)

■主催・お問合せ 堺市立東文化会館 
電話・072-230-0134
■協賛 エア インディア
■後援 在大阪・神戸インド総領事館




●大阪

Raga mala
インド古典音楽ライブ

■日時 2017年 10月27日(金)
■開場 19時30分  
■開演 20時00分

■入場料 チップ制(カンパ)
※ワンドリンクオーダーお願いします。
■会場 伽奈泥庵 HP 
■出演:池田剛(バーンスリー)
タカスダイスケ(タブラ)
大久保達郎(サーランギー)
マツダユウスケ(タブラ)

<

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。