スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このような演奏が…

このような演奏が出来る人に、私はなりたい。

←YouTubeへ
abhisek lahiri
スポンサーサイト

兄弟子のパルト君


6年前にハリプラサード・チャウラシア氏の道場へ
アポなし突撃修行に行った際に、やはりハリジーは
人間国宝だけあって雲の上の存在で、手取り足取り
指導されることはありません。

細かい技術的なことは、住み込みの兄弟子たちに教わる
ようにとハリジーがおっしゃって、それでパルタ・サルカール君
が僕の担当になってくれました。

「お前のポケットに応じて兄弟子に謝礼を払うように」とハリジー
に言われていたので、財布を開くと100ルピー札しか入ってなくて
泣く泣く1回のレッスンにつき100ルピー払ってたけど、よく考えれば
1レッスン200円って安すぎじゃない?

それでも、パルト君は出し惜しみせず熱心に、ときにスパルタ式に
色々教えて頂きました。バーンスリー奏法の奥義に肉薄する内容
であったなあと ふり返っていた所、パルト君のレッスン動画を発見
しました。

動画でも全然出し惜しみしていませんでした!

パルト君 ←youtubeへ
partha1

前兆の読み違え?

私は幼少の頃より、その日に出会った動物などで一日の
吉凶を判断する妙な傾向があります。

もう6年も前の事になりますが、インドに行って初めて出会った
音楽家はナヤン・ゴーシュ氏でした。

夜、ムンバイに到着して、次の日の朝「部屋干し用トップ」
をサントゥール奏者のA氏に届けて、通りを歩いていると
「あそこで立ち話してるのがナヤン・ゴーシュですよ」と教えて
貰いました。

「うわ~、初めて見た音楽家がナヤン・ゴーシュか~微妙だな」
と思いました。と言うのも、前兆として中途半端な気がしたからです。

なぜ中途半端なのか?それは、ナヤン・ゴーシュ氏がタブラ奏者
としてもシタール奏者としても、どちらもパンディット級の実力を
持っていて、凄いんだけど、どっち付かずな印象もあって微妙だった
訳です。

しかし、後々になって冷静に考えてみると、彼は元祖古典バーンスリー
奏者パンナラル・ゴーシュ氏の甥っ子ではありませんか!

前兆として、この上ない感じじゃない?

家系図

(兄)パンナラル・ゴーシュ(バーンスリー) ― (弟)ニキル・ゴーシュ(タブラ奏者・パドマブーシャン)
                                    ↓
                                    ↓
              ナヤン・ゴーシュ(シタール・タブラ) - ドゥルヴァ・ゴーシュ(サーランギー)

ナヤン・ゴーシュ1 ←YouTubeへ
nayan ghosh




ナヤン・ゴーシュ2 ←YouTubeへ
nayan ghosh2

古いスタイルのバーンスリー その3

6年前にムンバイに行って、始めの3日間はジュフーの
クリシュナ寺院に泊って、3日目の昼に知人に紹介して
もらったインド人のお宅があるバンドラ地区へ移動しました。

バンドラの家から徒歩3分くらいの所にバルガヴァという
楽器屋があって、サントゥールのA氏が弦を買いたいという
ことで寄ってみると、ムンバイでも有名なバーンスリー奏者
ニティヤナンダ・ハルディープル氏が笛の試し吹きをして
いました。

さすがムンバイ、有名人がゴロゴロしているな!と思った
のですが、ただのビギナーズ・ラックだったようです。

彼はアンナプルナ・デヴィの愛弟子としても知られています。

Nityanand Haldipur ←YouTubeへ
nityanand haldipur

古いスタイルのバーンスリー その2


現在、主流になっているハリプラサード氏のバーンスリー奏法
以前の古いスタイルを持った演奏家を紹介しています。

Vijay Raghav Rao氏はパンナラル・ゴーシュのスタイルを忠実に
継承しています。 Raghunath Seth 氏は昨年亡くなられたようです。
作曲の方面でも活躍されました。


Vijay Raghav Rao ←YouTubeへ
vijay raghav rao



Raghunath Seth ←YouTubeへ
raghunath seth


プロフィール

ゴパール

Author:ゴパール
池田 剛 
関西を中心に活動している、
バーンスリー奏者です。
 
HP

イベントのお知らせ

●大阪

RASA
北インド古典音楽
&南インド古典舞踊 ライブ

■日時 2017年11月5日(日)
■開場 14時30分  
■開演 15時00分

■会場 堺市立東文化会館 3階 フラットホール 

(南海高野線『北野田』駅下車西出口すぐ)

■料金(全席自由) 
前売り1,000円
当日1,500円
※未就学児入場不可 
※公演日の前日まで前売料金でお求め頂けます。

■電話予約 (公財)堺市文化振興財団 
072-228-0055
(土日祝日除く9:00~17:30)

■出演
池田剛(バーンスリー)
野口昌彦(シタール)
上坂朋也(タブラ)
モガリ真奈美(バラタナティヤム)

■主催・お問合せ 堺市立東文化会館 
電話・072-230-0134
■協賛 エア インディア
■後援 在大阪・神戸インド総領事館




●大阪

Raga mala
インド古典音楽ライブ

■日時 2017年 10月27日(金)
■開場 19時30分  
■開演 20時00分

■入場料 チップ制(カンパ)
※ワンドリンクオーダーお願いします。
■会場 伽奈泥庵 HP 
■出演:池田剛(バーンスリー)
タカスダイスケ(タブラ)
大久保達郎(サーランギー)
マツダユウスケ(タブラ)

<

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。