スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガネーシャ祭り

ビンディバザール・ガラナの思い出

ムンバイに笛の勉強をしに行くにあたって
ある知人(ビシュヌプール流派のK氏)に
インド人のお宅を紹介してもらいました。

そのお宅の奥さん、ただのオバさんだと思って
いたら、昔はドーバーレーン・フェスティバル
に出演した事もあるという猛者でした。

そのシャイラさんという奥さんに、あなたの
流派はどこですか?と質問するとビンディ・
バザールガラナよと答えが返って来ました。

オクラ市場流派とは変な名前ですね!と私は
笑っていたのですが、日本に帰ってから調べ
てみると、ムンバイでもそうとうに有力な流派
だと分かって、笑った事を後悔しました。

もうすぐ、ガネーシャ祭りですね。
今回は、ビンディバザール流派が得意とする、
ラーガ・ハンサドワニで作曲されたガネーシャ
のバジャン(賛歌)です。

バラムラリクリシュナ その1 ←YouTube
ganapati balamurali1



バラムラリクリシュナ その2 ←YouTube
ganapati balamurali2










スポンサーサイト

ジャンマスタミ!

クリシュナ祭りの思い出

ムンバイでのバーンスリー修行期間中に
クリシュナ神の降誕祭でジャンマスタミ
というお祭りがありました。

街中でも太鼓を叩く若者達の集団や、屋根
から吊るした壺を割ってまわる奇妙なイベント
が行われていました。

我々バーンスリー奏者にとっては、クリシュナ神
はやはり特別な存在で(クリシュナはバーンスリー
の名手なので…)道場でも24時間演奏会が
ありました。

夜の12時から、まずハリジーの演奏が4時間
ぶっ続けであって、それが圧巻の演奏で、まるで
湯かげんの調度いい温泉に浸かっているような
気持ちの良さで、もっと聴いていたい、終わるの
が勿体ないという感じでした。

ハリジーの笛の独奏(alap)

ハリプラサード・チャウラシア 1 ←YouTube
hariji alap1



ハリプラサード・チャウラシア 2 ←YouTube
hariji alap2



ハリプラサード・チャウラシア 3 ←YouTube
hariji alap3


世界の現実


インドにバーンスリー修行に行ってから
2年近く過ぎました。

ムンバイでは、路上生活者の多さに驚き
始めは、憤りを感じていました。

インドの金持ちや政治家は、何を考えて
いるのだ!と貧しい人達の為に怒ってました。

しかし、よく見ると路上の人々は割と普通な
感じで、僕等が想像するほどの悲壮感はあり
ませんでした。

道を歩いていると、「ハロー、サー」と言って
食堂の方を指さし、お腹をさすっている子供の
物乞いによく出会いました。

毎回1ルピー硬貨を渡していましたが、物乞い
が集めたお金は、元締めに回収されたうえで、
平等に分配されるのだそうです。

だから、子供に与える場合はすぐに食べられる
菓子等が良いと聞いた事があります。

今日、ラジオで安藤忠雄氏が震災孤児の為に
桃柿育英基金というのを設立したと言ってたので
インドの子供を思い出しました。


ムンバイの路上の子供 ←YouTubeへ
mumbai street




よく利用したケンタッキー ←YouTubeへ
mumbai2




ムンバイのバーンスリー道場

インド修行回想記・その4

私がはるばるムンバイに赴いた最大の目的、それはバーンスリーの
第一人者ハリプラサード・チャウラシア氏が主宰する道場に入門する
ためでした。

数ヶ月前にEメールにて、入門を希望する旨を伝えたのですが、そこは
インド。何の返信も無いまま、事実上アポなし飛び入り入門をする事に
なってしまいました。

宿泊先のクリシュナ寺院から、徒歩で15分位の場所に道場があって、
朝の11時に行ってみると、レッスンをやってるところでした。

この日から、殆ど毎日ハリジーの生音でラーガを聴き、笛のテクニック
は道場の兄弟子に習うという日々が始まりました。

金曜日の夕方にインドに到着して、日曜の朝から道場に行ったので
なかなか順調なスタートでした。


道場の兄弟子たち

ラケーシュ・チャウラシア
ハリジーの甥っ子です。 ←YouTubeへ
rakesh



サミール君 ←YouTubeへ
sameer



パルト君 ←YouTubeへ
partha



バーンスリー・シスターズ ←YouTubeへグルクルの人


その他にも、オールインディア・ラジオで活躍するルーパック・クルカル二氏
など、猛者ぞろいでした。

ムンバイで活躍する青年

インド修行回想記・その3

ムンバイでA君に出会った~。

ウル○ン滞在記のナレーションでをイメージして↑

A君というのは、ムンバイに住んで演奏活動をしている
サントゥール奏者です。
人間国宝シヴクマール・シャルマ氏の付き人として世界中
のコンサートに同行したり、自分自身のコンサートを開いたり
と将来有望な若者です。

共通の知人から頼まれて、部屋干し用トップ(洗剤)をインド
に持って行ったのがきっかけで友達になりました。

私が修行に行ったムンバイ北部というのは、外国人が少なく
観光地でも無いので、インドに不案内の人間には過酷な環境で、
A君には本当にお世話になりました。


アニンド・チャタルジー&シヴクマール・シャルマ&A君 ←YouTubeへarai kun


このスリーショットの価値を分かって貰いたい!
ので、いくつか例をあげます。

もし、あなたが野球好きであれば
王貞治&イチロー&A君

もし、あなたが囲碁、将棋好きであれば
趙 治勲&羽生善治&A君

もし、あなたが投資家であれば
ウォーレン・バフェット&ジョージ・ソロス&A君

もし、あなたが水滸伝の愛読者なら
豹子頭林沖&青面獣楊志&A君

もし、あなたが料理好きなら
小林カツ代&栗原はるみ&A君

この、スリーショットの価値が伝わったでしょうか?







プロフィール

ゴパール

Author:ゴパール
池田 剛 
関西を中心に活動している、
バーンスリー奏者です。
 
HP

イベントのお知らせ

●滋賀

RAGA
2017年日印友好流年記念事業
北インド古典音楽

■日時 2017年9月16日(土)
■開場 13時30分 
■開演 14時00分

■会場 大津市伝統芸能会館 能楽ホールHP

(京阪電鉄石坂線「別所」下車徒歩五分 
京阪電鉄石坂線「三井寺」下車徒歩十分 
JR「大津京」下車徒歩20分)


■料金(全席自由) 
前売り 2,300円
当日 2,800円
友の会前売り 2,100円

■出演
池田剛(バーンスリー)
石濱匡雄(シタール)
上坂朋也(タブラ)

■チケット販売
大津市伝統芸能会館
 TEL 077-527-5236
大津市民会館
 TEL 077-525-1234
堅田駅前観光案内所
 TEL 077-573-1000

■主催 大津市伝統芸能会館
■指定管理者 大津PAC&KLPグループ
(株)ピーエーシーウエスト
■協賛 エアインディア 
■後援 在大阪・神戸インド総領事館
■制作協力 KHAZANA.JP

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。