スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンガルの舟唄

Batiyali

久々に民謡を取り上げようと思います。

ベンガル地方には、沢山の舟唄があって
バティヤリと呼ばれています。

小舟に乗ってガンジス川に漁に出たりして
孤独感をまぎらす為、あるいは大漁を喜ぶ
気持ちが自然と歌になったのでしょう。

インド古典のコンサートでも、メインのラーガ
の後にデザート感覚で短めのバティヤリが演奏
される事があります。


バティヤリ 1 ←YouTubeへ
bhatiyali1



バティヤリ 2 ←YouTubeへ
bhatiyali2



バティヤリ 3 ←YouTubeへ
bhatiyali3
スポンサーサイト

タゴール・ソング

ラビンドラナート・タゴール

20世紀のインドを代表する詩人で、ノーベル文学賞
を受賞しています。

ベンガル地方出身なので、詩はヒンディー語ではなく
ベンガリ語で書かれています。

20世紀前半、ベンガル地方からは有能な人材が
輩出されていて、独立運動家のスバス・チャンドラ
・ボース(カルカッタの空港の名前になってる。)
や独立運動から宗教家に転身した、オーロビンド・
ゴーシュなどが良く知られています。

タゴールの詩には、全てメロディーが付いています。


タゴール・ソング1 ←YouTubeへ
tagor1



タゴール・ソング2 ←YouTubeへ
tagor2



タゴール・ソング3 ←YouTubeへ
tagor3

ミーラバーイ・バジャン

ミーラ・バジャンその1


インド民謡にバジャンというジャンルがあります。

バジャンとは神への賛歌の事で、インド音楽が宮廷
で発展したのに対して、バジャンは民衆の中で民衆
の信仰心によって育まれてきました。

バジャンの一種で、ミーラバーイ・バジャンあるいは
ミーラ・バジャンと呼ばれるものがあります。

ミーラとは、16世紀に生きた実在の人物で、クリシュナ
を信仰するあまり王族としての地位を捨て、200曲
ものバジャンを作曲した女性です。

現代でも頻繁に演奏されています。

ミーラ・バジャン1 ←YouTubeへ
meerabai mhara re



ミーラ・バジャン2 ←YouTubeへ
meerabai mhara re2



ミーラ・バジャン3 ←YouTubeへ
meera3


日本の音楽

津軽三味線・高橋竹山氏

シヴァラトリーおめでとう、などと浮かれていましたが
昨日3月3日は雛祭りでした。

日本のお祭りよりインドの祭りを優先させるとは…
インドかぶれも重傷のようです。

このままでは、国歌斉唱!なんて言われた時に
ガナ ジャナ マナ~とやりかねません。

高橋竹山 1
語り&三味線独奏。 ←YouTubeへ
chikuzan



高橋竹山 2
成田雲竹氏の歌。 ←YouTubeへ
chikuzan2



高橋竹山 3
三味線独奏。 ←YouTubeへ
chikuzan3




私がインド音楽にハマった経緯 その2

西洋音楽に混乱…

ギター小僧であった私は、色々と勉強するうちに、
ジャズに手を出してしまいました。

理論が難しくて、その理論を実際に応用するのは
もっと大変で、更に世の中の人達が名盤と呼ぶCDを
片っ端から、聴きまくる…という生活を送ってました。

雑誌や評論家の価値観に、自分の美的感覚を合わせて
いると(若い頃はありがちですが…)完全に混乱して
しまって、音楽の良さが分からなくなりました。

そんな時に、インドの民謡を聴く機会があって、
素直に、良いメロディーだなと思えて、それ以来
自分の感覚を頼りに生きています。

カッワリー
インドのイスラム教徒達の宗教歌で、今はパキスタン
が本場です。映像はパキスタンの宝、ヌスラット・
ファテ・アリカーンです。 ←YouTubeへ
nusrat


バウル
ベンガル地方の放浪音楽家達です。 ←YouTubeへ
baul


タゴール・ソング
ノーベル賞詩人、ラビンドラナート・タゴールの詩には
全てメロディーが付いています。
インド国歌も、タゴールの作曲です。映像はバングラデッシュ
の歌です。 ←YouTubeへ
tagore




プロフィール

ゴパール

Author:ゴパール
池田 剛 
関西を中心に活動している、
バーンスリー奏者です。
 
HP

イベントのお知らせ

●滋賀

RAGA
2017年日印友好流年記念事業
北インド古典音楽

■日時 2017年9月16日(土)
■開場 13時30分 
■開演 14時00分

■会場 大津市伝統芸能会館 能楽ホールHP

(京阪電鉄石坂線「別所」下車徒歩五分 
京阪電鉄石坂線「三井寺」下車徒歩十分 
JR「大津京」下車徒歩20分)


■料金(全席自由) 
前売り 2,300円
当日 2,800円
友の会前売り 2,100円

■出演
池田剛(バーンスリー)
石濱匡雄(シタール)
上坂朋也(タブラ)

■チケット販売
大津市伝統芸能会館
 TEL 077-527-5236
大津市民会館
 TEL 077-525-1234
堅田駅前観光案内所
 TEL 077-573-1000

■主催 大津市伝統芸能会館
■指定管理者 大津PAC&KLPグループ
(株)ピーエーシーウエスト
■協賛 エアインディア 
■後援 在大阪・神戸インド総領事館
■制作協力 KHAZANA.JP

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。